英語でお断り

英語で断りのメールを書く

英語で断りの手紙を書く際の注意点

英語で断りの手紙を書くのは心理的に難しいものです。ネガティブな内容の手紙を書く時は、特に使う言葉に迷います。明確に意図を伝えなければなりませんが、同時に礼儀も大切です。ここでは、英語で断りの手紙を書く際に役立つヒントをいくつかご紹介します。適切な英語表現を使って、好印象な手紙に書き上げましょう。

断りの手紙に限らず、 英語で手紙を書く際に大切なのは、意図が明確であることです。日本語独特の丁寧で曖昧な言い回しは、  英語の手紙では避けるべきです。また、文法やスペルのミスにも気をつけましょう。適当に書いた印象を与える他、下手をすると誤解につながります。

英語で断りの手紙を書く際のヒント

1. 長々と書かず、簡潔に。

2. 書き始めは簡単なお礼から。( 例:Thank you for your offer.) これも長くならないように。

3. すぐに断りの文章を続けます。相手を気遣う、フレンドリーな調子で。ここでは硬い表現は非難しているようで、相手の心象を悪くします。

4. 断る理由を書きます。曖昧にせず、率直に理由を述べましょう。正直な文章は相手の心を動かします。

5. 手紙の締めもフレンドリーに。今回は断っても、今後も何かあれば連絡をしてほしい旨を書き添えましょう。そうすれば相手に拒否された感情与えずに済みます。

1

No Responses