英文エッセイの書き方

英文エッセイの書き方

説得力のある英文エッセイを書くには

大学や語学学校留学中に頭を悩ませられるもののひとつが英文エッセイです。 欧米人に比べて自分の意見を述べるのが得意ではない日本人ですが、実は英文エッセイは書き方のコツさえつかめば意外と簡単に書けるものです。

英文エッセイを上手に書くには慣れる事が一番です。数多く書けば自然と書き方のスタイルが身についてくるものです。 しかし、そんな時間はないという方のために、英文エッセイの基本形式をご紹介しましょう。

英文エッセイの目的は、ひとつの見解を述べ、その見解に到達する背景を説明し、読み手を納得させることです。

まずトピックを絞ります。
英文エッセイで一番大切なのは、主題となるべき論点を明確にすることです。すべてはここから始まります。
そして全体を3つの章に分けて考えます。 Introduction-導入の章、body-議論の章、 summary-まとめの章です。

導入の章で主題を述べます。この章で、このエッセイがこれから何について語るのかが明確にわかるようでなければなりません。 この章は、主題の要約やエッセイの目的のまとめでしめると良いでしょう。

議論の章では、導入の章で述べた論点を展開します。例を用いた詳細な説明をします。抽象的な議論ではなく、実例などを挙げてなるべく具体的に書いたほうが説得力のある英文エッセイに仕上がります。
主旨をサポートする論点ごとに段落わけをしましょう。それぞれの段落につき論点とそれについての例と説明を記載します。

最後のまとめの章では、主題の論点を再度述べ、エッセイを締めくくります。

適切な単語を使い、わかりやすく書くのがポイントです。回りくどい文章や詩的な表現をするのは英文エッセイでは好ましくありません。

一通り英文エッセイが書けたら、文法やスペルのミスを訂正するだけでなく、同義語辞典を使ってより適切な単語に置き換えたり、形容詞や副詞を挿入しする事でより洗練された説得力のある英文エッセイに仕上げてください。

6

No Responses