英文記事の書き方

英文記事の書き方

英文記事の書き方ヒント

ひとことで記事と言っても、あらゆる種類の記事があります。まず、書く内容がどのような種類に属しているのかを考えます。

例えば、新聞や雑誌などのジャーナリズム記事は、読者にとってわかりやすく、誰が、何を、いつ、どこで、どうして、どのように起こったのかという事実を明確に記述する必要があります。事実を伝えるための記事なのか、それともある事実に対しての書き手の意見を述べるものなのかでは、スタイルが異なってきます。

専門的な記事であれば、その分野の専門家が読者であり、一般的には専門機関や特定のパブリッシャーにより指定されたフォーマットに従って書かれています。

批評記事には新聞や雑誌に掲載されている特集記事、書評、映画批評、レストラン評論などといった種類があり、それぞれの分野に合った書き方で書かれています。 批評記事でも専門記事として書かれている場合であれば、より学術的または理論的に書かれている記事もあります。

専門的な題材や調査目的の批評記事であれば、文芸批評と言われる特別な種類の調査記事がよく参照されています。他にも、テクノロジーや新型車のレビューであれば、その製品や競合製品、市場などについてもリサーチする必要が生じてくるでしょう。

どのような種類の記事を書くのか明確になったら、その種の記事を読んでください。専門的な記事を書くのであれば、その分野のライティングスタイルについてよく理解し、 また特別な雑誌やサイトの記事を書くのであれば、その雑誌のことをよく知っておく必要があります。それらライティングのガイドラインをよく確認しましょう。

記事を書くにはその主題について精通していなければいけません。そこで入念にその主題についてリサーチを行います。専門家でさえ書き出す前に主題についてリサーチを行います。リサーチでは次のようなことを行います。

旅行の記事を書くのであれば、旅行場所についてよく調べます。
歴史的な出来事の記事を書くのであれば、歴史の専門家に話を聞いたり、歴史文書を読んだり、歴史が起こった場所を訪れたりします。
スポーツ記事を書くのであれば、スポーツ選手にインタビューを行ったり、スポーツの歴史を調べたり、スポーツイベントに参加したりします。

ご覧の通り、リサーチの仕方は様々でインターネット上でのリサーチのみではありません。時間をかけてでもその主題を知ることはとても重要ですし、自分の足を使い、目と耳を使って収集した情報に基づく記事には説得力と読みごたえがあります。

説得力のある序文で記事を書き出します。まず読者の心をつかむため、特に最初の文章は印象的に。 その後、事例や説明、解説、批判的な考えなどを用いて話を発展させます。 リサーチで入手した具体的な事例を効果的に使用しましょう。最後に読者が納得するように結論を書きます。

語数にも注意しましょう。印刷物の記事には語数制限がありますし、ブログなどでも読み手の立場を考えて、あまり長すぎない、飽きさせない程度の分量に仕上げるよう心がけましょう。

11

No Responses